イチからわかる男着物の着こなし

近年、和装の良さが見直されてきています。日本人にしか着こなせない美しさもさることながら、和装を通じて日々の暮らしを丁寧に見つめ直すという考えも提唱されはじめています。そんな中、女性の着物姿は珍しくなくなりましたが、男性の着物姿はまだまだあまり見かけない存在と言えるでしょう。やはり女性の着物の着方やコーディネートの情報に比べて、男性の着物はそういった情報がそんなに多くないというのが原因なのではないでしょうか?着物を着て、あらゆるレジャーにお出かけするというチャレンジは、生活の中で新たな楽しみを見つける素晴らしい体験です。男声も気軽に着物を楽しみ、日常的に身に纏えるように、ここでは基本的な着こなしのテクニックを紹介していきたいと思います。

まずは女性着物との違いを知りましょう

まず、女性の着物は腰のあたりでおはしょりと呼ばれる着物の折り返しをしますが、男着物はそれをしません。女性はおはしょりである程度自分の身長にあった着丈に調整できますが、男性はそれができない分自分の身長にあった着丈の着物を選ばなければなりません。くれぐれも短い着物を着ないようにしましょう。つんつるてんになると非常に子供っぽく、『バカボン』になってしまいます。また、女性が帯を胸高に締めるのに対して、男着物はあくまで下腹に締めます。真横から見え帯が前下がりになっている状態が美しいとされています。お腹がスリムで帯がずりあがってしまう方は手ぬぐいなどを丸めて下腹部分に仕込み、あえて恰幅のよい様に整えると非常に小慣れた雰囲気になります。またそれに伴い、着物の裾が広がっていないかをチェックします。裾の端をやや持ち上げ気味に着つけると裾すぼまりの美しい着物姿になりますよ。また帯の結び目は最中の中心よりやや左に寄せるのが粋とされています。

貴方だけのこだわりでオシャレ度アップ!

基本的な着物の着こなしだけでなく、洋装のように自分にあった小物を合わせるとさらに上級者らしい粋な着姿になります。例えば帽子などは男着物のコーディネートの定番です。種類も、クラシカルな中折れ帽、カジュアルなハンチング帽、キャスケットなどがおすすめです。帯に骨董のタバコ入れを差したりするととても洗練された印象になりますね。その他には、着物の下に襦袢ではなくタートルネックやシャツを着込むと和洋のミックスでありながらよりレトロになって良いでしょう。このように、既存の枠にとらわれずご自分の自由発想で男着物を楽しめば、着物との距離がグッと近くなっていくと思います。皆さんもぜひ男着物を沢山着て、色んなところへ赴いて新たなご自分を発見してみてはいかがでしょうか。

7種類の着物の種類と豊富なサイズ、往復送料無料で、季節感を大切にしたお客様に似合うお着物をお送りしている会社です。 呉服屋の着物レンタル365のターゲット層は、老若男女問わず着物の好きな方、また晴れの日を着物で過ごしたいという方です。 多くの種類のレンタル着物を豊富に取り揃える事により、お客様がご希望される着物を、お貸出来る事がメリットです。 男着物をレンタルしたいなら!